毎日、ただなんとなく自己流の洗顔をしている人も多いはず! でも、 その方法…知らず知らずのうちに、肌に負担をかけてしまっているかも?

洗顔の基本、知っていますか?

そもそも洗顔の目的とは、 肌に残っている余計な油分や皮脂、そして古くなって浮かび上がった角質を洗い流して、化粧水を受け入れるベストな状態をつくること。

「適当に洗顔しても大丈夫でしょ!」 なんて思いながら、ゴシゴシ洗ったりすすぎを簡単に済ませたり、 少しでも早く終わらようと急いだりしていませんか?

ですが、洗顔は毎日の習慣であり正しく行わなければ、逆に肌にストレスを与えてしまうこともあるのです。

洗顔は、『肌をこすらず、ぬるま湯で丁寧に優しくすすぐ 』ことが大事!肌へのダメージをなくすためには、この洗顔方法が基本になるのです。

 

 

正しい洗顔方法とは?

1・ こすらないのが原則

汚れを落としたいと意識するあまり、”ゴシゴシ”と肌をこすってしまう人いませんか? ゴシゴシ洗うと汚れが取れる感じがしますが、 これでは摩擦で肌にストレスを与えてしまいます。

原則、洗う時はなるべく指が肌に触れないように! 洗顔料や石鹸でもちもちの泡をつくったら、肌の上で泡を撫でるように優しく洗いましょう♡

2・ 必ずぬるま湯ですすぐ

すすぎの際に熱いお湯をつかうと、必要な皮脂まで落としてしまうので乾燥の原因になってしまうことも!

洗顔に適した”ぬるま湯”とは、触れた時に少しぬるいくらいの温度のこと。33℃~36℃がベストなので、夏場は蛇口から出た水をそのままつかってもOK!逆に冷たすぎる水は、毛穴が閉じてしまうので注意しましょう。

3・ 短時間で洗って、すすぎ時間は長めに

充分なすすぎをせずに、洗浄成分を肌に残してしまうと化粧水をはじめとする、その後のスキンケアも入りづらくなってしまいます!

肌が健やかな状態に戻ることができなければ、乾燥や毛穴の黒ずみ 、大人ニキビなど肌トラブルの原因に!ですので、すすぎは”優しく20回以上”がベスト!

この際も、ぬるま湯をバシャバシャと勢いよく顔に当てないように。ぬるま湯をそっと手ですくい、肌についた泡を落とす感 じで優しく流しましょう。生え際やフェイスラインは、流し残しやすいので特に丁寧に!

 

 

 

カテゴリー: 美容