オリゴ糖が体から不足するとどのような事が起こるのかみなさんは知っていますか?今回はオリゴ糖が不足した場合に起こる事についてご紹介したいと思います!

 

オリゴ糖が不足すると起こる事

オリゴ糖の摂取量が不足し、乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌のエサが少ないと腸内フローラが乱れて悪玉菌が増える原因となります。
悪玉菌が増えると腸内で有害物質が作られやすくなり、大腸ガンの原因になったり、便秘や下痢、肌荒れ、感染症などの原因となることもあります。さらに、コレステロールや中性脂肪が血管にたまって動脈硬化を引き起こすリスクも高まります。

また、オリゴ糖はミネラル吸収を促進させるので、不足するとミネラル不足になる可能性があります。

引用:シュシュ

 

低カロリーといっても「糖」です。

近年女性の間で「糖は老化に繋がる」と、一切糖を摂らないという方もいるようです。オリゴ糖が不足すること体内に不調が起こります。

 

オリゴ糖を摂取することによって乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌の餌となり腸内を健康に保ち、体内状況を良くしてくれるのでそれが不足するということは悪玉菌が増えて腸内で有害物質が作られやすくなってしまいます。そうなると大腸がんの原因にもつながりやすくなる他、便秘や下痢、肌荒れ、免疫力低下で風邪などのウイルス感染、血管にコレステロールや中性脂肪が詰まって動脈硬化を起こす原因にもなると言われています。

 

また、オリゴ糖が不足するとミネラル不足にもなるので肌にも不調が表れる可能性があります。

カテゴリー: その他